世界名作劇場 全部 R2RAW (DVDRIP)+ASS R3字幕 包括 カルピスまんが劇場

世界名作劇場 全部 R2RAW (DVDRIP)+ASS R3字幕 包括 カルピスまんが劇場
  • 片  名  世界名作劇場 全部 R2RAW (DVDRIP)+ASS R3字幕 包括 カルピスまんが劇場
  • 简  介  无
  • 类  别  动漫
  • 小  类  无


  • 详细介绍世界名作劇場
    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    移動: ナビゲーション, 検索
    この項目ではフジテレビのアニメシリーズについて記述しています。日本テレビの特別番組についてはあらすじで楽しむ世界名作劇場をご覧ください。
    この記事の内容に関する文献や情報源を探しています。ご存じの方はご提示ください。出典を明記するためにご協力をお願いします。
    このタグは2008年6月に貼り付けられました。
    このページのノートに、このページに関する議論があります。

    世界名作劇場(せかいめいさくげきじょう)は、日本アニメーション(以下、日アニ社)が制作して『カルピス名作劇場』や『ハウス食品名作劇場』といった名称で放送されたテレビアニメシリーズである。

    世界名作アニメ、世界名作アニメ劇場とも呼ばれる[1]。

    最広義には、1969年の『ムーミン』以後の作品を指す(日アニ社の公式では1975年の『フランダースの犬』以後)。

    目次 [非表示]
    1 概要
    2 作風
    2.1 初期
    2.2 地上波シリーズの終焉
    2.3 BSフジでの放送
    3 再放送
    3.1 初期 - 中断前
    3.2 本放送中断時期以後
    4 マーチャンダイジング
    5 輸出
    6 シリーズ一覧
    6.1 カルピスまんが劇場
    6.2 カルピスこども劇場
    6.3 カルピスファミリー劇場
    6.4 世界名作劇場
    6.5 ハウス食品世界名作劇場
    6.6 世界名作劇場
    6.7 ハウス食品世界名作劇場(BSフジ)
    6.8 視聴率
    6.9 備考・補足
    7 脚注
    8 参考文献
    9 外部リンク
    10 番組の変遷
    概要 [編集]
    2008年まで約25作が製作・放送され、最も有名な日本のテレビアニメブランドの一つとして知られている[2]。

    2009年4月より『こんにちは アン 〜Before Green Gables』が放映される(2008年の『ポルフィの長い旅』終了後3ヶ月間は、シリーズを一旦休止している)。

    すべての作品はフジテレビ系列で[3]毎週日曜日の夜19:30より本放送されているため、かつてはフジテレビを代表するアニメ番組と認識されていた時期もあった。

    なお、『世界名作劇場』という名前がついたのは1979年放映の『赤毛のアン』からであり、それまでは『カルピスこども劇場』や『カルピスファミリー劇場』という名前がついていた。『赤毛のアン』以降は提供がカルピスの一社だけで無くなったためシリーズ名を何度か変更している[4]が、本項では日アニ社が公式にシリーズの総称としており一般的にも認知されている『世界名作劇場』を項目名とした。 作風 [編集]
    基本的には世界中で古くから親しまれてきた小説・童話などを選び、ファミリー向けアニメとするための脚色を加えてアニメ化している。 「フランダースの犬」以降は、動物が主人公のペットで出てくることが半ばパターン化している。「トム・ソーヤーの冒険」「私のあしながおじさん」「トラップ一家物語」以外の作品において登場している。このことに関しては後述。 初期 [編集]
    放映時期の初期である1970年代から人気番組で、日曜日宵の幼い子供のいる家庭の定番番組であった。 地上波シリーズの終焉 [編集]
    しかし徐々に訪れた作風のマンネリ化を防ぐことができず、日本テレビが『投稿&33;』で、そ
  • 世界名作劇場 全部 R2RAW (DVDRIP)+ASS R3字幕 包括 カルピスまんが劇場_large

精选评论

还没人评论呢^^~赶紧抢沙发吧!

相关资源